書類確認は重要

キャッシングの申し込みをする前に確認しておきたいことは必要書類になります。キャッシングは本人確認書類が1点あれば申し込みできますが、公的機関が発行した書類になります。クレジットカードや学生証、会社の名刺などは本人確認書類にならないので注意が必要です。また有効期間の確認です。特に普段車を運転しない人は運転免許証の確認をしないので、うっかり有効期限が切れていることがあります。期限切れは本人確認とみなされないです。また、引っ越したばかりで免許証の住所変更をしていない場合ですが、別途現住所を証明する書類として住民票や印鑑証明書、公共料金の領収書等が必要になりますので、あらかじめ準備しておくことで審査がスムーズにいきます。

キャッシングの審査では、収入証明書の提出が必要になるケースがあります。50万円以上の限度額を希望される場合です。限度額が50万円以下であっても他社との借入金額との合計が100万円以上になる方も収入証明書の提出が求められます。キャッシングの審査で収入証明書として採用される書類には、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、初頭証明書、課税証明書などです。いずれも最新年度分のものが必要になります。審査で確認される項目は、支給年、勤務先名、氏名、金額などです。いくら収入証明書といっても前職のものは不採用になります。現在勤めている会社の収入証明書でないと採用されないのは当然になります。給与明細の場合は2ヶ月分になります。