どういったもの?

総量規制とは、2010年6月18日に貸金業法が改正されて導入された、カードローン利用者にとっては融資金額、つまり借り入れができる金額が年収の3分の1以下に制限されることをいいます。年収が600万円の人は借り入れできる金額が200万円まで制限されます。総量規制が導入される以前は年収が200万円のひとであっても年収をはるかに超える限度額を利用することができたりしていましたが、それでは返済能力をこえる過剰融資になるということで総量規制が導入されたのです。また、過剰融資防止のために年収を確認するためにも一定の条件の方のみに収入証明書の提出が義務付けられます。一度収入証明書提出すれば5年間は有効になります。

まとまったおお金を借りたいのに総量規制があるために、あまり大きい金額を借りることができないことになります。しかし、総量規制が適用されるのは消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシングなど貸金業者にのみ適用されるのです。そのため銀行のカードローンは、貸金業者ではありませんので総量規制の適用対象外となるカードローンになります。年収の3分の1に借入金額が規制されることはないのですので、まとまった金額を借りることができます。ただし、いくら総量規制対象外といっても審査によってはあまり限度額を借りることができないこともあります。そして、銀行のカードローンは収入証明書の提出も原則不要で申し込みできます。